daruma3940の日記

理解や文章に間違い等あればどんなことでもご指摘お願いします

コンピューター将棋にもsyzygyって使えるのじぇ?

f:id:daruma3940:20160520223745p:plain
最近stockfishってチェスソフトのgithub見てたら”syzygy”って単語が出てきたのじぇ。

f:id:daruma3940:20160521003616p:plain
”syzygy”?変な名前だわ田舎ものね....

f:id:daruma3940:20160520223745p:plain
まあどんなものかググってみようじぇ。

software - What is Syzygy tablebases? - Chess Stack Exchange

Syzygy Tablebases: newest, fastest, smallest | Chess News

f:id:daruma3940:20160520223530p:plain
英語さんは読めないよ!
どういうことかせつめいしてね!

f:id:daruma3940:20160520223745p:plain
まりちゃもよくわからないけど
多分これは詰将棋(詰めチェス?)のデータがここに格納されていて
このデータを見ることによってこの局面はあと何手で相手を積ませることができるか探索せずに調べようってことだとおもうのじぇ
そして 1TB もあるThe Nalimov 6-man tablebases っていうのをsyzygyを用いれば同じデータの内容を200GBまで抑えることができますよということだと解釈したのじぇ。
endgameっていうのが大詰めって意味で多分将棋でいう詰将棋みたいなものなのじぇ
それで5-manだったら5駒を用いた詰将棋データってことだと思うのじぇ
探索しないなんて、なんかせこい方法なのじぇ。
(間違って解釈してるかもしれないのじぇ)

f:id:daruma3940:20160521003616p:plain
やっぱり田舎ものね!

f:id:daruma3940:20160520223530p:plain
ゆゆっ!でももしかしたらコンピューター将棋にも応用できるかもしれないよ!?
3手詰めをいっぱい格納したらその分いっぱい詰みを見つけられるかもしれないよ!

f:id:daruma3940:20160520223745p:plain
たしかにそうなのじぇ。
でもAperyとか動かしてみればわかると思うけど
あのあたりのソフトは12手先の詰みを見つけるなんてざらなような気がするのじぇ。
そんなところに3手詰めのテーブルをもってきてもどうしようもない気がするのじぇ。
それにたいした詰めルーチンを持ってなくて詰みをなかなか発見できないようなソフトでもかなりの棋力があるソフトもいるのじぇ。 (Apery)

詰みに関する部分でそんなテーブルを使うのはあまり効率的とは言えないと思うのじぇ。

f:id:daruma3940:20160521003616p:plain やっぱり田舎ものね...

f:id:daruma3940:20160520223745p:plain
でももしかしたらここには使えるかもしれないというところをまりちゃははっけんっ!したのじぇ
SEE(static exchange evaluation)のところなのじぇ!

f:id:daruma3940:20160521003616p:plain
SEE?

f:id:daruma3940:20160520223745p:plain
SEEとは駒の取り合いが起こっている部分だけを考えて
どのように駒を取り合うのがベストなのか考える部分なのじぇ。

この駒の取り合いのデータを保存しておくのは悪くないと思ったのじぇ

しかし問題は駒の取り合いで駒を動かしたときにその周りに発生する利きによってさらに取り合いは複雑になってくるのでデータを格納してもなかなか同じような局面にたどり着かず
そのデータは使えない使っても正しい値ではないということがありそうなのが怖いのじぇ。
なんといってもあのStockfishがSEEでそんなことしてないだろう(未確認)というのがまずうまくいかないと思わせるのじぇ....

f:id:daruma3940:20160520223745p:plain
でもまあ今後独自性という名のもとにやってみることも検討してみるのじぇ。
このアイディアに対する意見等あればコメントよろしく頼むのじぇ。